≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ganaカスタマイズblog

ヘッダー画像変更しました!
ここまで来ればかなりオリジナル感出てくるね~☆

おかげでイラレやら少しずつ覚えております♪



ちなみに今のデザインフォーマットにしてからアクセスは変わらないけど
何度かココを見に来てくれる方が増えてます!!

ありがとうございますm(_ _)mペコリー
リピート率が70%越えてます・・・。
信じられないけど感動してます★
スポンサーサイト

| 日々を記す | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスセミナー 『感動編』

先週土曜日、福岡のとある場所で開かれたビジネスセミナーに参加
一般の人は18,900円もする会費なのでよほどの内容だろうと思ってたけど
想像以上の収穫でした★
会社経費なんかな?ホントいい勉強させてもらってます
(なんで社内でセミナー受けようとしたのワシ一人だけなんだ?)


講師はソフトバンクの社長である孫正義さんの弟「孫泰蔵」さん
って言うと説明しやすいけど、兄同様にいろんな会社の経営やったり
新しい事業を手掛けたり、すごい兄弟が九州から出てきたもんだと思った。

今回はそのセミナーで感動したものを少し公開!!(いいのか?)


まず孫家の家訓的なもので、父親から教えられたことは
「独立自尊」  末っ子だった泰蔵さんはこれを教えられたらしい

そしてビジネスを考える上で重要なことが「シナジー効果」
いわゆる相互作用による効果で、ひとつのことを行ったときに相互して他の需要がどんどんと生まれてくることが大切だということ。

つまり~、ソフトバンクを例にとるとブロードバンドを広げ各家庭に取り入れてもらうビジネスがあると、それに伴って通信速度の高速化からいろんなWEBコンテンツの需要が必ず生まれるということ。そのコンテンツをソフトバンクが提供することで相乗効果を生むのが理想☆★


それともう一つ「言われてみればそうだ!」と思ったことは
利益を追う会社と言えども「社会的責任」があるわけだから絶対に私物化しない。だから一族や血縁は一切入れないというスタイルを貫いているとか。いわゆる会社という「株主」のものであるという形式上の話ではなく、社会で活動していくのであれば結局「社会」のために存在しなければならないという一種の「公共物」的な扱いやね。

最近よくある不祥事とかさ、利益の上がらない会社とかさ、どこかコスト高になって無駄使い多かったり、決定が遅い会社ってだいたい「一族経営」してたりすると思う。
(今やってる仕事のクライアントが一族経営でもうむちゃくちゃだー!)

要するに私物化の概念を取り入れると他の社員は気を使うし
派閥もできるし、意志決定も遅れるし、良いことより悪いことの方が多いというだけの話なんだろうけどね。
でもなるほどな~と感心しました★

他にも会費が高いだけの内容で学ぶことたくさんあったけどね。
説明難しいし、自分だけのモノにしときたいやん♪



P.S ヘッダーの画像が荒い理由が判明!!
    来月からは少しキレイなものをアップしていこ~っと♪
    え?もう2月終わりやんかー。。。

| 仕事から学ぶ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

岩盤浴☆初体験★

先週末、かねてより興味のあった岩盤浴に行ってきた!
よくTVとかでは大量の汗をかくってイメージが先行してたけど
サウナ?的感覚でしか考えてなくて、すごく身体にイイ!という先入観だけで
興味を持ってたので、行けたことにまず感動☆

実際はね、身体リフレッシュの方法としては良いよ~♪
ホント大量の汗をかく!!

最初はあんまり暑くないし汗でないけど
いつの間にかビッショリになってる
サウナはずっと入ってるのキツイけど
岩盤浴は寝てるだけだから「オッサンいびきうるさいで~」と思うかも


ganaが行ったとこは男女OKのところで
ネットで検索して調べたら女性のみのとことかケッコウあるみたいね
福岡市の六本松にある「天降乃里」ってところにいってきました♪
気さくなオバサンがお出迎えしてくれます。
帰り際に「水」を買ってあげてください、非常に喜ばれます。
ポイントカードも作りましょう!

ganaもまた行こうと思ってます♪♪

| 癒し発見☆ | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう、と振り返る

家を出ると肌の奥まで感じる寒い朝
吐く息は白く、硬い体に鞭打ってオレンジ色のチャリを漕ぎ出した
いつもの月曜日だ~

週末、忙しいながらも長崎ランタンを見に出かけた
久々に会う友人とたいした話もできなかったが
懐かしさを微塵も感じさせない彼とはきっとずっとこんな付き合いをしていくんだろうと思った。彼とは青春の高校生を男子校という牢獄(?)で2年間もともに過ごした仲で離れた大学時代も年数度は会って酒を酌み交わしたものだ。そこにはもちろん多くの仲間がいた♪

長崎の帰りには大学中にいろいろとお世話になった友人の家に夜遅くにも関わらずお邪魔して笑いの耐えない姉妹においしいお茶を出され、これからの話やなんかちょっと「ほっ」とするような話を聞けた。

なんだか移動はバタバタだったけど
すごくほんわかした週末だった

いつの間にか歳をとってる自分がいて
一緒に歳をとってた仲間がいる
いつの間にか仲良くなってて
きっとこれからも楽しくやってくと思う

これだけでも十分幸せだと思ったのに、これ以上何を求めれば良いのかな
そんな気にさせられたイイ週末だったな♪


現実に戻ると夜の9時
会社の時計はかまわず針を進める
自分の都合とはおかまいなしに仕事は舞い込み
明日も勝手に手帳が埋まる
そんな毎日を繰り返し、一日を過ごすことに慣れた頃
1年を過ごすことに慣れてしまう自分になっちゃうのかな
まだまだ若いとは言え、スズメの泪ほどの給料は
ほどほどにも上がるとは言えない時代
いつもの繰り返しじゃ何も生まれない
何かを生み出せる力を付けなきゃ

努力の仕方も方向性も
ましてや自信もあまりないけど
高校生のときに夢を見た仕事人人生も
いつしか楽しい仲間に囲まれて楽しく休みを過ごす
のんびりが好きな自分がいた
でもきっとこっちの方が笑いが多くて幸せだ★
きっとこれからはこんな人生の方が得をすると思う

いろんな出会いがあっての今の自分
みんなにホントありがとう☆です

| 日々を記す | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

挑戦か否か

帰りの終電の中で、本を片手にドア越しにポツンと立ち、これからの世の中のこととかが書いてある文字列を見ながら少し自分の将来を頭の中に描いてみる。

これからおよそ10分前

駅のエスカレーターを降りてるとき、ふと今の自分の生活について客観的に見てしまう自分がいた。一日のうちの起きてる時間の8割くらいは"会社の"仕事をしている。果たして自分にとっての仕事って何なのかな、今の自分は完全に日々の業務に埋没してるんじゃないか、仕事以外のこともいろいろとチャレンジしていく!なんて思ってるだけで、行動って微々たることしか起こしてないんじゃないかなって、すごく自分がサラリーマン化してることに気付いてしまった。


学生を卒業して
社会に出て
会社に勤めて

そんな当たり前かのような「日本社会」のよくあるパターンの一部になってしまっているのだろうか。今では多様な生き方が出てきて、価値観もバラバラで、何が本当にいいのかなんてよくわからないような時代。

それでも生きてるし、働いてるし、遊んでるし、何より少し気楽に人生を楽しんでいるって自分の中で満足しちゃってるのかもしれない。

変化に挑むことを忘れ、毎日の安定した日々に慣れていく。

確かに変化は人間にとって苦痛を伴うことが多い。
突然の変化であれば対応しなければならないけど、逃げてしまう人も多いというのに、自ら変化へ身を投げ出してまで戦おう、なんて気力がある人間はそうそういない。だからこそ「成功」というものを手中に収める人も現れるのだろう。

変化は受け入れなければならないこと。
だけどその変化に挑むことを忘れてはいつまでも変化に追われることになる。
自分から変化を追えるようになるにはどうしたらいいんだろう。
自分はまだそんなに強い人間じゃない、なんてこと言うことで既に変化から逃げているよな。

昔からそうだけど、好きなことにはとことん突き進む
好きなことをたくさん作ることから始めよう。
人生は短いけど、できることから始めよう。

| 日々を記す | 01:17 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

小さいけど大きいもの

今日気付いた!
みんな知ってることなのかもしれないけど
いや、きっとみんな頭の中ではわかってることなんだけど
いつの間にか引き出しにいれてしまってると思う

何をするにしても「無駄なこと」ってのは一切ないってよく言うよね
これには後半部分があると思う!

何をするにしても「目的」ってあるよね

例えどんなことでも、ソレをする目的って絶対存在する
ただなんとなくやってることでも、何かの影響や効果を期待してたりする。
それが小さなことでも「目的」があるからやってるわけで
そんな欲求や期待のないことを人間はやらない
それに自分には直接関係なくて、人から頼まれたことにもその人にとっては目的が存在したり
それを引き受けた自分にも何かしらの「目的」があったから引き受けたわけで
目的がなかったら引き受けないと思う。

例えばアカの他人に頼まれるのと、友人に頼まれるの
友人に頼まれたらするのにアカの他人に頼まれたらしないとか
やっぱ何かあるからするんだよ。
「力になりたい」とか「前に頼んだからお返しに」とか
その裏には友人といつまでも仲良くしたいって気持ちが働いてたりすると思う

ほんの小さなことだけど
どんなことにも目的があるとわかったら
仕事で頼まれごとがあっても、ただなんとなく引き受けてたことがよくあったりしたけど
その頼んだ人がどんな目的で頼んだのかを知ることってすごく大切★
当たり前のことかもしれないけど
これからは自分から何かをやるとき以外にも
人から頼まれたこととかもちゃんと「目的」が何なのか
どうすれば目的を達成できるかを考えることにしよう!
そうすればきっと仕事がもっと楽しくなると思う★

ほら、またひとつ目的が増えた☆

目的は人を前に動かす♪
そして目標は人を上に伸ばす♪

| 仕事から学ぶ | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

-他人失敗学-

ふと頭の中にいろんなものが浮かんできて思ったことを書きマース★


過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し

誰が言った言葉なのか知らないけど(孔子かな?)、大昔の人が言ってて今もなお言われ続けているすごい言葉。いつからかこの言葉の意味がホントによくわかるようになってきた。

大学の講義で哲学をとってたんだけど、物事には大小とか多少とか明暗とか表裏とか両方の面を持ってて、その片方に比重が行くのは「良くない」というのが哲学で習ったこと。その両方の中間、いわゆるほどほどが一番良いということ。

これって上の格言と同じ意味よね??

んで題名は「他人失敗学」にしてるのは
ライブドアの堀江さんのやり方を思い出したときに思ったこと☆

お金で栄えた者はお金で滅びる

でもコレってお金の部分が他のモノに変わっても言えるんじゃないかって思ってさ。いろいろ当てはめてみようか

権力で栄えた者はその後の権力争いで滅びる

口の上手さで得たお客は口の多さで離れていく

情報の多さで人気の出た雑誌は情報のうざさで廃れてく

優しい男の恋愛は優しいけどと言われて飽きられる

頭が良い部下は頭が良すぎてトップに警戒されて飛ばされる

よくウソをついた少年はホントのことを言っても信じてもらえず村人を救えなかった

何事も「過ぎ」はよくない
ほどほどが一番ということか、もしくはその「過ぎ」を補う何かを持ってる。

例えば天気
晴れすぎたら砂漠化するし、雨ばかりだと水害がひどい

大昔から言われてたことだから
きっと、これからもこの言葉の意味はずっと大きな意味を持つと思うな。
寝不足もよくないけど、寝すぎもよくない
さぁ明日に向かって寝ようzzz

| 人間を観る | 01:25 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

一人前になりたい

200602010018000.jpg

2006年が明けて寒い日が過ぎ、少し春を匂わせる風が吹いたのもつかの間、2月に入り再び寒波とともにインフルエンザの波が押し寄せる。

最近流行ってるみたいで、うちの会社にも2名出ました。
家に帰って手洗いとうがいはしましょうね★

さて、ヘッダーの写真画像変わったの気付いたかな??

毎月くらいで自分で撮った写真にテキトーにコメントつけて変えていこうと思います☆コメントは自分で考えること言えることなんてない年頃だから本とか昔の偉人とかの受け売りです。でも自分でもジーンと来るようなコメントを載せていきます!


最近ようやく「社会人」っていう意味がわかってきた気がする。
■ビジネスの暗黙のルール
■会社のルール
■仕事とプライベートの違い
■仕事の進め方

法人相手に商売してる広告会社なもんで、いろんな会社&人に出会う。そりゃー会社のトップから現場までいろんな人いるよ。ホントに誠実なお客さんで気の合う人もいれば、うさんくさそうな人が運営しててすごく仕事のやりにくい会社とかね。だからこそ毎回違う仕事で毎回何かが起きる。

おかげですごーく勉強になってるけど、まだまだ大学生気分というか、仕事とプライベートの割り切りができていないganaにとってはどんな相手にも接し方が一緒になりそうになる。コレってビジネスの世界ではNG。言った言わないの世界で、相手の揚げ足とったり、いかに自分の会社の利益を上げるか必死だったり。だから正直者であればあるほどビジネスの世界は厳しいものとなるというのが身に沁みてわかってきた。

思ったことは口にする、イヤなときは顔に出る、親しげな顔して話しかける。これってケッコウ危ないようだ。営業をやっててこれが合うお客さん、合わないお客さんがハッキリやもん。

きっと何事も割り切って要領よくやる人が多くのお客さんと付き合えるのかもしれないなぁ。誠意をもって接するのがそりゃ理想だけど、現実その誠意すらどんなものかまだよく掴んでないわけで、多くの経験(成功も失敗も)をしないことには先に進めないなぁ。



明日から2月の仕事がスタートする。
新たな気持ちでいけるようがんばろう!仕事もだけどプライベートも☆
利益だけを追っても他がついてこないようならば、そんな利益はいらないや。下流社会で言う下流タイプかもしれんけど、利益より心のゆとりを選びそうな価値観を持ってると思う。世の中お金で買えないものがたくさんあるやん★

| 仕事から学ぶ | 00:53 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。