≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

シブヤ大学

シブヤ大学

シブヤ大学とは・・・

シブヤがまるごとキャンパス
遊ぶところもたくさんあって
働く人もたくさんいて
いろんなアーティストやクリエイターがいて
先生が生徒に、生徒が先生になれるキャンパス


話しは聞いてたけど、ついにその全貌を見た☆
すごい講師陣だなぁ~そりゃみんな受講するよね

普通大学の学問は「過去」を知るところであって
「未来」を学ぶところではない
「過去」を知ることで延長線上にある「未来」を予測することは学べても
このスピードの早い情報化社会と
日々いろんなことが起こるクリエイティビティな街には
「今」を知ることが一番良いのかもね☆


いやぁ~最初に「シブヤ大学」って聞いたとき
すぐに「テンジン大学つくります!」なんて言っちゃった
言ったもん勝ちだ♪
なんかワクワクしてきた~
スポンサーサイト

| 時代を追う | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

おみくじの効用

いつも財布に入れて持ち歩いてるものがある
毎年正月の初詣のときにするおみくじ

なんで今頃そんな話をするかと言うと
財布をいろいろ見てたら出てきて久しぶりにおみくじを読んだから☆
そのおみくじに書いてある内容は・・・

【貴方の性格】
貴方の性格は、堅忍不抜な忍耐力と成功に対する強い確信を持つ不休の活動家タイプです。貴方の従事している仕事にいつも不満を持ち、能力一杯の活躍ができないことを嘆き悶々とした生活をする時期があります。しかし、一応のチャンスが与えられれば、非常に有能な行動を示し、名実ともに社会に貢献することになります。ただ何事をするにも飽きっぽく、1つの事業、1つの趣味、娯楽にいたるまで長続きいたしません。

俊敏すぎる能力が、貴方の行動に停止を許さず前進するために、今日の主張が昨日と異なることがあり、このために無節操、無定見と誤解を受けることになります。聡明な理性の持ち主であるが、あまりに自信家なために危険を冒すことがある。

己れを立てんと欲して衆人を省みざる者は不仁なり(山鹿素行)

理性があり気前がよいが、知的才能がたけすぎているので、他人を批判し嘲笑するが如き態度に出ることになる。恋愛をするにも心でするのでなく、頭で恋するのであるから深く貴方を理解してくれる相手でなければならない。対人関係を自重し、以上の欠点を注意し、確信を持って手腕を発揮すれば、壮年を待たずして幸福を得られる。

やむを得ずする仕事は苦しいが進んですれば喜びが湧く



以上がそのおみくじに書いてある内容
ホントによくできてるおみくじだなぁと思う。
すごく良い戒めにも励ましにもなるのでいつも携帯する財布に入れてます★

| 遊びに学ぶ | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

歴史に学ぶ

今日は天神朝そうじから1日が始まって
久々に朝そうじをしたけど、やぱすごいすがすがしい気持ちになる☆

しかもそんな日に限って夜まで眠くならんとよね
でも夜中になるとモーレツに眠くなってさ、明日起きれるのかな??
ってくらい眠たいzzz今週末はしっかり睡眠とっておこう。


それはさておき歴史好きのganaはとくに戦国時代が好き
小学校の頃から歴史は好きだったけど、その頃は縄文時代と弥生時代が
なぜか好きで、矢を石で作ろうとしたり、竪穴式住居に憧れてた
けど大河ドラマの「秀吉」をキッカケに小説を購入
昔の人っていろんなドラマがあったんだなぁ~って感動
それ以来、戦国時代が大好きになってしまった。


日本史上もっとも苛烈な競争社会だった戦国時代は
それはそれは数々の英雄からドラマから事件が起きた
歴史小説とかって書く人によって全然視点が違うけど
いかにも小説!ってものより、いろんな人物が出てきたり
社会背景が書いてあったり、ちょっぴり自己啓発的要素のあるものは
読んでてワクワクするしおもしろいから何冊も持ってる


歴史を知るということは
自分の経験しえない疑似体験から、考え方や方法
そして哲学から人生論まで垣間見ることができる
現代でも諸子百家のうち「孫子」が使われるように
人間そのものは進化せず、その周りの環境だけが進化してきたにすぎない
だから歴史は「人間」を学ぶにはとても良い教科書になると思い
今日もその1ページを開きます♪

| 仕事から学ぶ | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

大人の階段のぼる

ぶっこみの8月

ganaにとって2006の8月はまさにそう呼んでおかしくない
いろんなことが舞い込んではいろんなことが起きた
そしてこの8月からまた新たなスタートもあれば
新たな悩みの種もできた


まずは仕事・・・
イベント続きで準備とかいろいろたいへんだったけど
同じ職場の人にいろいろまかせっきりで、ホント感謝☆
逆に自分は、自分にしかできない営業をがんばろうとぶっこみ!
1件、今の職場に移ってからは一番大きい仕事が入る
(仕事に大きいも小さいもないんよね~・・・。)
そして他にも営業かけてたり提案してたりのものが少しずつ決まって
明日も今後を左右するような案件が1つ入ってる
もし決まればおもしろくなるぞ~♪


そしてプライベートでは・・・
家族問題が勃発、特に父親。。。
高校生のころより自分の父親の生き方・価値観に疑問符をうって以来
反面教師として「学ぶ」ところありとしてきたが、やはり家族
特に去年より起こった親族間の遺産を巡る問題に対する父親の意見には
ほとほと愛想がつきる思い。。。


自分は権利やお金がそんな問題を生むなら、何も残さないで欲しい
そして自分がもし権利やお金を残して死ぬときは、あらかた問題の起きぬよう
最善を尽くして死にたいものだ

権利やお金に心の奪われた人間ほど醜いものはない



こんなにいろんなことが起こって、ろくに家のこともせず
家では寝に帰るのみの状態でも、やっぱり家に帰るとほっとする
今月はあまり休みが取れてないし、家族のことも友人のこともほったらかし
自分を支えてくれる大事な人にも迷惑をかけちゃった



そんな今月だけど、1つ楽しみがある
久々に読書月間になってるのだ♪
読む暇は、ない
だけど毎日本を開くようにしてる


その本に書いてある一節を~
人間、どの道を選ぶにしろ大いなる成功を収めるには運がよくなければならない。だが、好運を得るためには努力と実力と忍耐が不可欠だ。成功者の好運は、運を逃さぬ絶え間ない努力と、運に乗って飛躍できるだけの実力と、運が来るまでの苦難に耐える忍耐との成果なのだ。
世に、努力もし、実力もあり、忍耐もしたのに、ついぞ運に恵まれず人生を終えた不幸な人も数多い。しかし、努力と実力と忍耐を欠いて好運だけで大成功した人物は見当たらない。


やっぱり歴史はおもしろい
歴史を学ぶということはロマンを学ぶこと
歴史を学ぶということは文化を学ぶこと
歴史を学ぶということは人生を学ぶこと
人生を学ぶということは、今をより楽しく生きること!

| 人生について | 00:50 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

マスコミが権力を持ったの??

今の日本の状況はとてもとても危ない状況じゃないの??

最近如実にそう思う。
というのもTVや新聞がはやし立てればそれは全国に一斉に広がる。
最近のニュースで言うと「プール問題」なんだよね。
とてもとても悲しい事故だった排水溝に吸い込まれた事故。。。
あのニュースを見たときはすごくいたたまれない気持ちになった。

けどその事故&ニュースがあってからの
全国各地のプールの管理業者や行政の対応と言えば
「次にうちのところで事故があって、マスコミざたにならないよう・・・」
とでも言うように検査が浸透し、実に39都道府県で約1600箇所もの
プールが排水溝などの保守管理に不備がある(だったかな?)とかが発覚
見ている国民からすれば「何を今更・・・」だ


この国の良いところは物作りの仕組み作りと
物作りの効率化や質の追求が早く、海外などの何か競争相手がいてはじめて
団結力とヤル気を発揮する

でもこの国の悪いところは
何か事故が起こるまで保守点検を少しサボり、一度事故が起こると
狂ったようにギシギシに固めてしまうところだ


完全に官僚主導が残ってるからこうゆうことになるんだろうけど
ましてやマスコミが報道しないと動かないのも事実
それは国民がマスコミのもたらす情報を唯一の判断基準にしてるからだ

東北の方で起きた子ども2人が殺害された事件も
1人目のときは警察は事故として片付けようとした(ところがあったようだが)
2人目のときはさすがにマスコミが騒いだので警察も動かざるをえず
事件が真相まで至り、なおかつ警察の怠惰まで暴かれてしまう



マスコミがこのような権力を持ち始めたのはいつからだろうか??
昔はマスコミが権力を持つなんてワードすら飛び交っていなかったのに
最近はよく聞くものになりつつある

ganaの感覚では牛乳の会社の大阪伊丹工場だったかな
あのときの不祥事でマスコミが騒ぎ立て、一時期全国の牛乳の売上が伸び悩んだころ
だと思う。あの頃は日本中が「不祥事」というワードに反応し
マスコミもまたおもしろがって「不祥事」を追いかけた

そして不祥事があるたびにその業界や企業を潰すにまで至ってるケースも
あると思う。


マスコミの情報が「正」かどうかは別の問題として
マスコミの情報を「真」と受け取る国民の意識の方が問題かもしれない
しかしマスコミを信じずして何の情報をもとに生活をすればいいのか?
となるとなんとも言えないが、今の日本国民は真に受けすぎるような気がする


そして靖国問題もそうだ
マスコミの報道次第で党の評価も変わり
海外の国の反応も変わるだろうに

ましてや真に受ける国民であれば、官僚や政治家をときに批判するマスコミだけに
マスコミを信じてしまう背景があるので、マスコミが権力をもったように
ganaの目には映ってしまう。。。


マスコミの力って恐いね!

| 時代を追う | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

文化と個性とコミュニケーション

けっこうバタバタしてて、なかなか家に帰ってもネットをする時間もなく
すぐベットでバタンキューしてるもんだから、最近本を読めてない。。。

だけど先日夜遅く仕事中だったけど、3人で会話しててそれがとても刺激になった
人の「性格」とか「感じ方」「考え方」そして「好奇心」や「思考」
なかなか知的な会話で、でもとても人間味のある楽しい時間だったなぁ


日本人って恵まれてる
だからサービスも豊富だし、とてもとても親切なお国柄だから
不便をすることがあまりない

それに大昔より農耕民族で周囲との協力の中で生きてきて
なかなか競争心とかもなく、事を荒立てないことが何こその美徳
「人様の迷惑にならぬよう」が親の口癖だ

そんな国民性だからかどうかわからんけどさ
この国の住人は「自分の国の文化」にとかく疎い
だから海外とくに欧州に憧れて旅行客はあとをたたないけど
自分の国の文化や歴史も満足に知らずに、海外のことを知っても
それはやはり生半可なものになる

日本在住の外国人へのアンケートで、日本人の良いところは
「親切」「礼儀正しい」などなど日本人の和の心を褒めたものが多い
だけど日本人の悪いところというアンケートでは
「自分の国なのに、文化や歴史を知らない」というのでガッカリした
という答えが圧倒的だとか

明治以降急激に先進国の仲間入りをして
国民総動員で団結してがんばり、官僚主導のもとの教育体制で
横並びで「覚える」ことに注力し、上の命令に従う人間ばかりが育ち
おまけにそこにサービスが充実した社会を築き不便さはなくなった。
そんな便利な国に育てばそれはそれは興味のそそる対象も多ければ
何も学ばなくても生きていける

それが文化や歴史への興味を減少させている原因かどうかは別として
自国の文化や歴史への興味の欠如は「比較」という機能を低下させる
おかげでこの国の外交はいつまでたってもヘタクソだ
相手と自分との比較もできず、相手自身の興味を損ね、自分の立場の守りに入る
そこに農耕民族としての特徴を重ねると、この国の人間は
とてもコミュニケーションが下手ということになる。

相手に合わせたり、批判したり、は得意だけど
自と他を共に生かすというのが苦手なみたい


歴史を学ぶことは文化を学ぶこと
文化を学ぶことは比較を学ぶこと
比較を学ぶことはコミュニケーションを学ぶこと



最近日本人はモラルが低下しているってよく言われてる
もしかしたらそんなところに繋がってるのかもしれないなぁ~

| 人間を観る | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。