PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

子どものしつけと父親と

読売新聞の「父親像」に関する全国世論調査(面接方式)によると
子どものしつけで悩んだことのある親が20~40歳代の若い世代ほど多くて7割近くいたらしい。

・父親の子育てについて、「しつけができていない」と厳しく見る人が77%
・理想の父親像として、「必要なときにしかる」父親が74%

子育てで悩んだ経験のある親は、父親60%、母親83%と、母親の方が悩んだ人が多いのもより子どもに近い存在だからか??

・「世の中の決まりをきちんと教えられない父親が増えている」という人が80%
・「家庭教育の責任を十分に果たしていない」も52%
・今の父親が「子供から尊敬されていない」は58%
・「一家の大黒柱として頼りにならない」も53%
否定的な評価が相次いだみたい。

理想的な父親像では、「必要なときにしかる」に続き、「生き方や人生観を語れる」(54%)、「仕事に一生懸命取り組む」(52%)、「威厳を持っている」(49%)が上位を占めた。
「子供と友達のように接する」(13%)など、子供と対等な関係を求める意見は少数だった。とあることからこれも時代の流れかな~

女性の社会進出が進んでる他の国でこの減少が起きてるかって??
実際はどうか知らないけど、父親としての威厳はある程度失われたはず。
だって母親が家を守り、父親が稼いでくる。の構図が壊れたんだから
子どもから見ればお金に関しても父親の権限が減るわけだしさ
やはり父親の威厳はそれなりに失われたと思うよ。

けどね、他の国は「しつけ」を学校教育にまかせたりしてない
だから「しつけ」は本来親が家族が行うのを知ってるから
日本ほど極端に「しつけ」されたない子どもが増えてるというのは聞かない。
日本には素晴らしい「教育システム」がある
義務教育も行き届いてて、みんな字を書けるし読める
でも「しつけ」まで学校にまかせてサボってる
ほんでもって子どもに尊敬もされなくなってるなんて・・・。

こりゃ、父親像を変えるためにも
男性が弱くなったて言われないように
いろいろと日本も改革していかないかんような気がするな~
スポンサーサイト

| 時代を追う | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gana.blog6.fc2.com/tb.php/152-ada78d90

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。