PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生の「坂」

改めまして新年明けましておめでとうございます☆

さてさて、昨年の話になるけども
仕事納めの日に師匠からまたひとつ格言が飛び出した~
おもしろかったので書きます

人生には3つの「坂」がある
・上り坂
・下り坂
さてあとひとつはなんでしょう?

そう言われたとき、他に「坂」なんてあんのかよ~わかんないなぁ~
と思ってたら、もうひとつあるんよ「まさか」という「坂」が、と言われた。

なるほどなぁ~確かにそうだ!
と思って感心した♪
人生には調子の良いときがある、運にも環境にも自分の能力にも恵まれてて、何をするにも良い方向に転がっていく時期。いわゆる上り坂。そして逆に何をしても運に見放されてるとしか思えない下り坂もある。だけど何より人生をおもしろくも悲しくもするのが「まさか」。突然の何かは起こるものだ、それが天変地異なのか交通事故なのか、はたまたアメリカンドリームなのか一夜の夢なのか、だから人生おもしろいと言える最高のスパイスだ。

日本史上稀に見る下克上の戦国時代の中でどんどん強くなっていった織田信長を例にするとよくわかる。青年期を地元の尾張(愛知県北部)やら美濃(岐阜県南部)を制圧するのにすごく手間取った信長も、上洛(京の都に上る)すると一気に版図を広げてった、いわゆる上り坂。でも最後の足利将軍の陰謀で周りの大名から包囲されて四面楚歌を長年、たくさんの部下や仲間が犠牲になったいわゆる下り坂。でもこの下り坂のときにたくさん勉強して、たくさん我慢してくじけなかったからこそその後の勢力の広がりはすさまじかった!この下り坂にいかに耐えるかが凡人との違いになるのかもしれないなぁ~。

でも結局、明智光秀の「まさか」によりあっけなく天下の夢は泡となり~
だから人生おもしろい♪死んだら終わりだけど、突然の死と同じくらい突然の幸運のチャンスもあるということ。

そのチャンスをいかに生かすかも自分次第
全ては己の意欲の中にあり!!
スポンサーサイト

| 人生について | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gana.blog6.fc2.com/tb.php/160-b8da1344

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。