PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

歩いた道が僕の道

自分の誕生日より半月ほどたってるね
2007年もいつの間にかスタートしてる
そんな今年1発目の日記は2006年の日記を振り返ってみようと思います☆
日記の中から「良いこと言うなぁ」という記事を抜粋しました!!



人生には調子の良いときがある、運にも環境にも自分の能力にも恵まれてて、何をするにも良い方向に転がっていく時期。いわゆる上り坂。そして逆に何をしても運に見放されてるとしか思えない下り坂もある。だけど何より人生をおもしろくも悲しくもするのが「まさか」。突然の何かは起こるものだ、それが天変地異なのか交通事故なのか、はたまたアメリカンドリームなのか一夜の夢なのか、だから人生おもしろいと言える最高のスパイスだ。
(人生の「坂」 2006.01.02)


『過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し』
物事には大小とか多少とか明暗とか表裏とか両方の面を持ってて、その片方に比重が行くのは「良くない」というのが哲学で習ったこと。その両方の中間、いわゆるほどほどが一番良いということ。
お金で栄えた者はお金で滅びる
権力で栄えた者はその後の権力争いで滅びる
口の上手さで得たお客は口の多さで離れていく
情報の多さで人気の出た雑誌は情報のうざさで廃れてく
優しい男の恋愛は優しいけどと言われて飽きられる
(他人失敗学 2006.02.03)


目的は人を前に動かす♪そして目標は人を上に伸ばす♪
(小さいけど大きいもの 2006.02.07)


変化に挑むことを忘れてはいつまでも変化に追われることになる
(挑戦か否か 2006.02.08)


原理・原則をしっている人
経験を持っている人
行動力を持っている人
この3つを持っている人が実力者と言うそうだ。
(だから人生おもしろい 2006.04.05)


人間いつかは絶対、その命が燃え尽きその人の時間が止まるときが訪れる
そう考えると全ての時間全ての瞬間ってとてもとても大切な人生の一部だなって
自分一人だけじゃなく、みんなそれぞれに人生を持ってるんだなって
だから時間が止まるそのときまで、悔いなく一生懸命生きようって
周りの人を大切にして、愛する人を愛して、いつの瞬間も充実した気持ちで
生きていかなきゃ!って
(生と死と 2006.07.05)


人間そのものは進化せず、その周りの環境だけが進化してきたにすぎない
だから歴史は「人間」を学ぶにはとても良い教科書になる
(歴史に学ぶ 2006.08.22)


人間の心理は「正義」より「便利」だ
(人のすることだから 2006.09.21)


「人間」って自分たちの「心」には何の進化もさせずに
身の回りの技術やモノを進化させていくことしかできない
だって大昔から存在するのに、大昔に研究され書かれた書物が未だに
現代でも通用するものだったり、未だに「恋愛」のマニュアルなんて
ほぼ存在しないに等しい
(故事にならう 2006.09.27)


「求めよ、さらば開かれん」
願うのではなく、求めて自ら行動を起こさないと道は開かれない
(求めよ、さらば開かれん 2006.12.13)





すべての記事を読むのにかなりの時間かかったけど
こんな機会じゃないとなかなか読み返したりしないもの
だけど読み返すことで自分が何を感じ何を考えたかを知ることができる
だから日記を書くことはいろんな効果があるよね☆★

2007年も少しでも自分とこれを見てる人の気持ちが上向きになれる
言葉を書いていければなぁと思う寒い夜でした♪

スポンサーサイト

| 人生について | 00:38 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

優しい男の恋愛は優しいけどと言われて飽きられる☆

なんか切ないです(笑)やはり強引さも必要なのですかね☆

| ゆうき | 2007/01/16 08:06 | URL | ≫ EDIT

それは相手によるかもね☆俺は「優しい」という漢字が優れているって言う漢字に使われる意味では悪くないと思うよ~

| gana | 2007/01/18 00:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gana.blog6.fc2.com/tb.php/243-c2357d69

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。