PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「恋」について考えてみた

20050614221239.jpg

人が人に恋をする
そこに理由はないという
確かにそう思う
恋に落ちる
これが最もな表現だと思う

でもねそれがどれだけすばらしい恋でも成就するより付き合っていくことの方が難しいもの。これは男女の関係問わず人間関係において、より感情の深い付き合いになればなるほど、人は己自身の全てを相手にぶつける。ときには押し付ける、ときには押し付けられる。性格も考え方も育った環境も違う人同士が完璧に合うことなど宝くじで一等が当たることよりも奇跡に近い、いや奇跡だと思う。そこには必ず「合わせる」という心理が少なからず働くと思う。

でも男女間の仲は同性との付き合いより難しい。恋愛において平衡な関係ほど退屈なものはないからだ。出会って知って愛して別れて、それが恋愛なのだと思う。もし終わりのない恋愛があるとしたら、叶わない恋、しかないのかもしれない。

出会って知っているとき、人はドキドキする、ワクワクする。それが恋心というもの。当然相手のことを知れば知るほどドキドキは感じなくなる。そして男女の関係に平衡が訪れる。生まれたら死ぬのと同じように自然なことなのだ。だから人は永遠の愛を望む歌をよく歌う、そして破れた恋の歌もよく歌う。人類が抱える最大の矛盾がここにあると思った。

男女の関係に平衡が訪れたとき、人は2つの選択に悩まされることになる。退屈に耐えるか、関係を壊す不安に耐えるか。人が人と付き合っていくにはやはりどちらとも怠けてはいけないのだと思う、恋愛は二人でするものだから。

恋の火はお互いが薪をくべることによって燃え上がり
どちらかが怠けることによって
いつしか火は消えてしまう

恋愛とは二人の人間が創り出す世界にひとつの芸術


でも禁断の愛であれ報われない恋であれ、幸せか不幸かを決める権利は当人たちにしかないのも事実。

なんだか考えれば考えるほど、何を考えているのかわからなくなった・・・。

でも恋も愛も明確な形がないことだけはわかったような気がする。
スポンサーサイト

| 日々を記す | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gana.blog6.fc2.com/tb.php/77-03bfce21

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。